Good Cosme

植物由来の美容成分

近頃のコスメティックスのトレンドは自然志向が強くなっているので、化粧品メーカーでは研究開発によって美容効果の高い植物成分の抽出に力を入れています。

植物は古くからコスメティックスに用いられてきました。
例えば、米ぬかというのは昔の美容ケア商品で、肌のキメを整えて美白効果を高めるとされ、昔の女性がぬか袋を使用していたことが見直され、現在も店頭に並んでいます。
米ぬかにはアミノ酸、ビタミンB、E群などが含まれており、アミノ酸なら美肌、疲労回復の効果があります。
ビタミンEは肌のしみやしわを予防し、更年期障害の改善や血液の流れを良くするなどの効果が期待されますし
ビタミンBは疲労回復、脂肪分解、妊娠中毒症を緩和、貧血防止などの効果が期待されます。

再び植物由来成分のコスメティックスが注目を集めるようになったのは、時代の求めるもとに変化が生まれたことによる影響があります。

さて、イチョウから抽出されたイチョウエキスも、美容家の高さからipsコスメティックスへ配合されるようになりました。
イチョウ葉エキスには様々な効能があり、医療の現場でも使われています。
美容の効果としては、保水・保湿効果・皮膚柔軟化効果・シミ、そばかす防止効果などがあり、
化粧水や美白クリームなどに配合され、保湿性を高める効果があります。

確かにイチョウって水分が多いんです。
幼い頃、たき火をするのに枯葉を集めていて、イチョウはダメって言われたなってことを思い出すいました。
水分で、うまく燃えないからだそう。なんだか懐かしくて話が脱線してしまいました。
エキスに含まれる成分は、肌を柔らかくふっくらと改善する効果があるとされています。
肌がふっくらとするメカニズムは、皮膚に張り巡らされた毛細血管を拡張させて結構を促進させる効果があるため他の栄養も肌に行き渡りやすくなります。

クレンジングミルク    クレンジングオイル    スキンケア    保湿力


Copyright© Good Cosme All Rights Reserved.